« カタチが素敵な機械がある 日経パソコン2004/1/5 | トップページ | 日本語の「ん」は発音が5つある タビンチ2004/2 »

2004.01.18

三度目の正直 浅井柑著

第8回坊ちゃん文学賞の大賞作品がダカーポ誌に掲載された。

毎日新聞では

同性愛者の女子高校生が、悩みを抱えながらも自分の世界を見つけていく姿を描いた作品。

としている。
著者自身が高校生であるためか、「等身大の感覚」による描写が心地よい。スキー合宿、簡単に鉢合わせする商店街、自営のそば屋さんの二階、ネット掲示板、PCメール、ケータイメールなど、各場面がすごく身近に感じられる。
坊ちゃん文学賞を主催している松山市

三度目の正直
浅井柑著

|

« カタチが素敵な機械がある 日経パソコン2004/1/5 | トップページ | 日本語の「ん」は発音が5つある タビンチ2004/2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/112244

この記事へのトラックバック一覧です: 三度目の正直 浅井柑著:

» 三度目の正直 / 浅井柑 [書庫  ~30代、女の本棚~]
第8回坊っちゃん文学賞大賞受賞作『三度目の正直』を単行本化の為に加筆し出版した中編2話が収録された本。 三度目の正直』の主人公は幼なじみの男女の高校生。 男のような女の子・なな子とバンドに精を出す功平。 二人は幼稚園からずっと一緒の二人はある秘密を共有して... [続きを読む]

受信: 2005.09.09 00:10

« カタチが素敵な機械がある 日経パソコン2004/1/5 | トップページ | 日本語の「ん」は発音が5つある タビンチ2004/2 »