« 名古屋はグルメでうまい Oオー No.2 | トップページ | 四季 冬 森 博嗣著 »

2004.03.07

頭と口の同時処理が招く喜劇 言いまつがい 糸井重里監修

頭の中で考えたことを口にしたときに、先のことを口にしてしまったり、勘違いしていたり、ごっちゃになっしまって、とんでもなくおかしな発言になることがある。
それを集めた、言いまつがい。読んでいて吹き出してしまう本は久しぶりであった。

姉と会話をしているとき、前にふっくらした人がいました。それを見た姉が、「あの人ふっとりしているね。」

通販の会社にかかってくるお客様からの電話、「タカネットじゃぱた」。

ほぼ日刊イトイ新聞

|

« 名古屋はグルメでうまい Oオー No.2 | トップページ | 四季 冬 森 博嗣著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/274079

この記事へのトラックバック一覧です: 頭と口の同時処理が招く喜劇 言いまつがい 糸井重里監修:

« 名古屋はグルメでうまい Oオー No.2 | トップページ | 四季 冬 森 博嗣著 »