« 滝本竜彦・乙一・大岩ケンヂの対談 ダビンチ2004年8月号 | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活3大河な日日 »

2004.07.18

バルト海の復讐 田中芳樹著

15世紀のヨーロッパが舞台。商業のための組織ハンザ同盟の末端の船長が主人公である。
物流や旅が山賊や海賊、盗賊たちにより安全ではない世界。技術的には、船は帆船で夜間航海は危険とされている水準である。
著者の薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ創竜伝シリーズのように、読者の知らない歴史や地域への案内の調子で、展開される。
南北アメリカへの進出やインドへの進出など、ヨーロッパ域外への膨張前の静かな生活が伺える。家屋の形式・食生活などは、決して豊かとはいえず、同時期の東アジアの中国との格差も記されている。

bk1による紹介

|

« 滝本竜彦・乙一・大岩ケンヂの対談 ダビンチ2004年8月号 | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活3大河な日日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/995821

この記事へのトラックバック一覧です: バルト海の復讐 田中芳樹著:

« 滝本竜彦・乙一・大岩ケンヂの対談 ダビンチ2004年8月号 | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活3大河な日日 »