« IDea book ID for WebLifeに同梱 | トップページ | バルト海の復讐 田中芳樹著 »

2004.07.10

滝本竜彦・乙一・大岩ケンヂの対談 ダビンチ2004年8月号

1978年生まれのクリエーターとして、ダビンチ誌で対談が組まれた。
共通体験として、ゲーム、アニメ、ネット、ライトノベルについて。
滝本氏は、小説を書く機会が12歳のときにあらわれたという。当時ゲーム機が無くて、友達の家でファイナルファンタジーを楽しんでいたが、友達の家なので完結できない。そこで続きが気になって二次創作小説を書き始めたという。その次がエヴァンゲリオンの二次創作で、本人が主人公。

僕は脳内彼女の綾波とアスカがすきです。

本人はきっぱりと対談中に宣言する。
ときめきメモリアルのコミカライズでデビューした大岩氏は、自身の、普通に恋愛しているシーンについて独白。
恋愛観に話題が移り、乙一氏は、TV「あいのり」をネタにした短編を書こうとしていたことをあかす。

bk1による著者紹介
超人計画 滝本 竜彦著
GOTH リストカット事件 乙一著

|

« IDea book ID for WebLifeに同梱 | トップページ | バルト海の復讐 田中芳樹著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/940213

この記事へのトラックバック一覧です: 滝本竜彦・乙一・大岩ケンヂの対談 ダビンチ2004年8月号:

« IDea book ID for WebLifeに同梱 | トップページ | バルト海の復讐 田中芳樹著 »