« サイボウズ流 秘伝「メール対応虎の巻」 | トップページ | 飛躍を »

2004.09.11

Φは壊れたね(ファイはこわれたね)森博嗣著

謎を解く人物の名前がシリーズ名になるため、Qシリーズの主人公はどんな名前かと、ページをめくれば登場人物に海月及介(くらげきゅうすけ)がいた。最初のシリーズの犀川がそうであったように、寡黙なタイプ。そこで記述はその周りの人々を追っていく。比較的行動派の山吹院生と、「しゃべることもないのに言葉を繰り出せる」才能を持つ加部谷恵美が物語を引っ張り、軽快に読みすむことができる。
密室が作られた過程を断片的事実から推理し、実行者の動機や事情を比較的軽く扱う手法は以前からのシリーズと変わらない。発売を心待ちにするシリーズができてうれしい限り。次作は、『θは遊んでくれたよ』となるそうだ。

bk1による説明や読者書評

φは壊れたね(講談社ノベルス)
森博嗣著

|

« サイボウズ流 秘伝「メール対応虎の巻」 | トップページ | 飛躍を »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/1412959

この記事へのトラックバック一覧です: Φは壊れたね(ファイはこわれたね)森博嗣著:

« サイボウズ流 秘伝「メール対応虎の巻」 | トップページ | 飛躍を »