« ダーリンの頭ン中(最終回) 小栗左多里・トニーラズロ著 | トップページ | 著作権の規約を総チェック »

2004.11.13

キノの旅 時雨沢 恵一(しぐさわけいいち)著

童話または寓話に読める。2000年にチーズはどこへ消えたが人生の様々な局面を象徴しているとして、ずいぶん売れた現象と通じるところがあるのではないか。
法律・文化・軍事・慣習・経済・犯罪などがまったく違う多様な国の様子を伝えてくれるキノ。射撃の名手として独立した存在がうらやましくも感じる。

はてなによる著者紹介

キノの旅(電撃文庫 0461)
時雨沢恵一〔著〕

|

« ダーリンの頭ン中(最終回) 小栗左多里・トニーラズロ著 | トップページ | 著作権の規約を総チェック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/1950820

この記事へのトラックバック一覧です: キノの旅 時雨沢 恵一(しぐさわけいいち)著:

« ダーリンの頭ン中(最終回) 小栗左多里・トニーラズロ著 | トップページ | 著作権の規約を総チェック »