« 今年最高の本 ダカーポ誌の編集 | トップページ | bk1・2004年セールスランキング発表 »

2004.12.27

工学部・水柿助教授の逡巡 森博嗣著

著者自身の自伝風味の小説。国立大学助教授が小説を書くきっかけとなった事件や、第1作から立て続けに出版された経緯について、書かれている。
また、妻の「須磨子さん」によるミステリー読者の心理分析や、密室を題材にする理由も記されている。
文壇というまったく不思議な世界がうかがえる。

浮遊研究室のご案内
がずっと続く文体は、脱線が多いが愉快で楽しい。

1作目
工学部・水柿助教授の日常

2作目

工学部・水柿助教授の逡巡
森博嗣著

|

« 今年最高の本 ダカーポ誌の編集 | トップページ | bk1・2004年セールスランキング発表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/2391974

この記事へのトラックバック一覧です: 工学部・水柿助教授の逡巡 森博嗣著:

« 今年最高の本 ダカーポ誌の編集 | トップページ | bk1・2004年セールスランキング発表 »