« StuffItが起動しない。Versionチェックが原因 | トップページ | オンリー・ミー(私だけを) 三谷幸喜著 »

2005.01.11

AERA誌とNAVI誌 道路公団問題

NAVI誌が2004年の○と×をまとめ、清水草一と猪瀬直樹と道路公団問題について対談している。民営化される前であれば、民営化委の監視の目が届くと考え、猪瀬氏は、追求しているという。

偽造ハイカの被害金額 2004年7月実績で204億円。
首都高速の偽造回数券被害 2004年度で4億円に。
職員数8300人に対して公団の社宅は7359戸。1000戸が空き室だという。
AERA誌2005.1.17でも取り上げられている。
家族用の平均が69平米。家賃の平均が19841円。市価の14分の1〜2分の1だという。

道路関係四公団民営化推進委員会の議事録

この高速はいらない。
清水草一著

|

« StuffItが起動しない。Versionチェックが原因 | トップページ | オンリー・ミー(私だけを) 三谷幸喜著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/2542829

この記事へのトラックバック一覧です: AERA誌とNAVI誌 道路公団問題:

« StuffItが起動しない。Versionチェックが原因 | トップページ | オンリー・ミー(私だけを) 三谷幸喜著 »