« 使用中のソフトのMac OS X 10.4 Tigerの対応状況 | トップページ | Mac OS X 10.4 Tigerに対応したアンチウィルスソフト »

2005.05.02

どきどきフェノメノン 森 博嗣著

文芸誌「野性時代」の連載が単行本に。博士課程に通う学生の窪居佳那(くぼいかな)の日常は結構奇妙だ。あこがれの指導教官への気持ちを表現は、クラシックを一緒に聴いたり、花束を渡したりと結果としてはオーソドックスだが、そのプロセスは遠回り。
 講座で一緒の下級生2人、剣道の道場でいっしょになる女性、合コンでいっしょになった銀行員、僧侶などそれぞれが好きという気持ちを示す相手が交錯する中で、酒を飲むと佳那は記憶をなくしてしまう。なくした記憶をたぐるシーンがミステリーともいえる。
 佳那や下級生の思いの行く末がハッピーエンドで書かれて、気持ちが軽くなる読後感を得られた。

どきどきフェノメノン

|

« 使用中のソフトのMac OS X 10.4 Tigerの対応状況 | トップページ | Mac OS X 10.4 Tigerに対応したアンチウィルスソフト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/3944083

この記事へのトラックバック一覧です: どきどきフェノメノン 森 博嗣著:

« 使用中のソフトのMac OS X 10.4 Tigerの対応状況 | トップページ | Mac OS X 10.4 Tigerに対応したアンチウィルスソフト »