« ダカーポ 今年最高!の本2005 | トップページ | レタスフライ森博嗣著 »

2006.01.21

坊っちゃん文学賞大賞 『ゆくとし くるとし』大沼 紀子(おおぬま のりこ)著

ダカーポ誌に大賞受賞作が掲載された。大学3年生の主人公が1年ぶりに実家に帰るとオカマがコタツに入っている。そんな導入から始まる短編小説。
 ポジティブシンキングのオカマ、意欲が消沈している主人公、自宅を助産院に改装して快活に生きる母、存在しない父など家族の姿がテーマになっている。初詣の帰りの妊婦さんにまつわるトラブル解決を経て家族のつながりが描かれ、温かい気持ちになる読後感。
松山市主催

|

« ダカーポ 今年最高!の本2005 | トップページ | レタスフライ森博嗣著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/8263817

この記事へのトラックバック一覧です: 坊っちゃん文学賞大賞 『ゆくとし くるとし』大沼 紀子(おおぬま のりこ)著:

« ダカーポ 今年最高!の本2005 | トップページ | レタスフライ森博嗣著 »