« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.28

スターライト☆ぱ〜ふぇくと!(スターライトパーフェクト)火浦功著

ハードボイルドを気取る鳴海甲介(なるみこうすけ)とジギーによる宇宙を舞台にしたトラブル解消物語。まじめなキャラクターがまったくいない相変わらずのコメディーが楽しい。これまでの1984〜87年の刊行作品に、書き下ろし一編が加わっており20年の間隔が空いているのだが、その差をまったく感じさせない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.15

η(イータ)なのに夢のよう 森博嗣著

自殺をめぐる報道や遺族の心情、連鎖する自殺者などへの違和感に対して、犀川が萌絵に語る形式で応えている。報道されている自殺シーンは、特異な例だけで一般的なスタイルはニュースにもならない・マスコミの報道は次の自殺者を待っているようだ・自殺サイトに集まる人はどんな原理で集まるのか。報道されない死が身近にあふれていると瀬在丸紅子は言う。

死ぬことって、それほど特別なことかしら?そうじゃないわ。本当に、身近なことなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.13

刀語(カタナガタリ) 第1話 絶刀・鉋(ゼツトウ カンナ) 西尾 維新著

日本の江戸時代をモデルにした架空時代劇。ダヴィンチ誌の著者インタビューによれば、ひたすらおもしろい痛快格闘時代剣劇を目指している模様。鑢七花(やすりしちか)と奇策士とがめが12本の刀を探し始める旅の導入部が第一話になる。刀を全く使わない二人の剣劇、次巻が待ち遠しい。
七花ととがめが出会う第一話第一章の前半が講談社BOXのwebにPDF形式で掲載されている。

 

刀語 第1話
西尾 維新著

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.09

DDD 1巻 奈須きのこ著

空の境界以来、気になった著者の作品。読み見始めるとかなりホラーな描写が続く。石杖所在(いしづえありか)の視点で進む導入部は、時間も世界も変化して目が回るよう。既視感(デジヴュー)になんども遭遇し、表現されているフォントも普段目にしない意匠であるため、奇異な読書体験ができる。迦遼海江(かりょうかいえ)の冷徹な天然ぶりはほっとさせられる。

DDD 1
奈須 きのこ著
'07/1/14にamazon、e-honで在庫が切れ、入荷待ちになっている。bk1はまだ在庫がある模様。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.06

ダカーポ 今年最高の本2006-2007

ダカーポ誌(No.598 2007/1)が「今年最高の本2006-2007」Book of the year '06-07を掲載した。新聞雑誌の書評担当者が選ぶ最高!の本5冊

1位

自壊する帝国
佐藤 優著

2位

名もなき毒
宮部 みゆき著

票を集めたモノとして、本文に紹介された本

ウルトラ・ダラー
手嶋 竜一著
ウェブ進化論
梅田 望夫著
銀齢の果て
筒井 康隆著
大山倍達正伝
小島 一志著 / 塚本 佳子著
プレイボーイの人生相談
柴田 錬三郎〔ほか述〕
ざらざら
川上 弘美著

ダカーポ編集部が選んだ5冊

ナショナリズムという迷宮
佐藤 優著 / 魚住 昭著

赤を見る
ニコラス・ハンフリー著 / 柴田 裕之訳
貨幣空間
仲正 昌樹著
アメリカ
多和田 葉子著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »