« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.28

視覚に頼らない、回して選ぶと楽しい プロテックデザインのHaptic Disk

PowerMateをデザインした鈴木孝彦さんがプレゼンテーションしていた、なんてことはない腕時計の文字盤よりも小さいダイヤル。Mac側のソフトの状況によってノッチの細かさなどの手に伝わる負荷が変わる。新鮮な操作感。Haptic diskと示されていて、選ぶ・調整するといったことが視覚に頼らなくても触覚で大部分ができる。まだ5台しか試作していないという。プレゼンテーションでも盛んに言われていたが、コレは触ってみなければ分からない。

6月28日の設計・製造ソリューション展、産業用バーチャルリアリティ展にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.24

敵は海賊・正義の眼  神林 長平著

海賊課ラテルチームのラテル、ラジェンドラ、アプロにピンクの装甲スーツのセレスタンを加えたメンバーが海賊襲撃事件を追う。このシリーズはくだけた掛け合いや訳わかんない現象をそのままにしている点が楽しい。環境保護活動家や研修訓練中の新人刑事の行動を通じて、正義という観念がこんなにも一方的なのかを記している。ヨーメイツザッキィ=ヨーム・ツザキが比較的考えを語る回。他人の支配をとことん嫌う行動原理が明かされる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレィドゥ・ザ・スカイ(Cradle the sky) 森博嗣著

全5巻となるシリーズがすべて書かれた。キルドレを研究している相良亜緒衣(サガラアオイ)と病院を脱走したパイロットの数日間の物語。語り部が誰なのか、意図的に隠蔽されていてる。巻末のシリーズ紹介ではナバテアから始まり、スカイクロラで終わるようなレイアウトになっている。いままでの4冊も読み返したくなる読後感。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.23

もやしもん 5巻 ケータイストラップ付き

写真はおまけとして入っていた海洋堂が作成したオリゼーフィギュアストラップ。
大学祭である収穫祭でのゼミの出店風景と、同じ日に進んでいるに長谷川遥の海外ウエディング、酒屋日吉の蛍によるリストラクチャリングが主な内容。純米酒やメキシコ地酒に関することや、フランス料理など発酵に関するテーマはいつもの通りたっぷり。蛍がゼミに顔を出したことに触発されて、及川や武藤もコスプレしてしまったり、二年生の二人が相変わらず裏で暗躍するなど楽しい展開。次巻が待ち遠しい。
Moyashi5 
Moyashi52

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.12

Safari 3 Betaをwindowsで使うには、フォントをMS UI Gothic(ゴシック)に

Windows XPにsafariの英語版をインストールすると、そのままでは文字化けしてしまい、うまく日本語
が表示されない。

fontをMS UI Gothic(ゴシック)にすると、一部のサイトでは日本語が表
示できる。

サイトによってうまく表示できないのは、テキストコードの変換がうまくいっていないことが原因のようだ。EUCコードでサイトが作られているYahooAsahi.comはキチンと閲覧できる。
SafariwinapSafariwinyahoo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.10

うさぎパン 瀧羽麻子(たきわあさこ)著 第二回ダヴィンチ文学賞 大賞

高校一年生の優子の夏休みからクリスマスまでの暖かい気持ちになる記録。ままははのミドリ、物理学修士課程の美和、パン好きがきっかけで、時間をともにするようになった富田くん。みんなお仕着せがましくなく、適度な距離感で主人公に接する態度が心地よい。3歳の時に死んでしまった母親の聡子のことを、思いもかけない事態でリアルに振り返ることになり、それを通じて人を好きになる衝動は抑えられないという言葉が実感として伝わってくる。
ダヴィンチへの応募時は『虹と観覧車と白いうさぎ』というタイトルだったが、掲載時に「うさぎパン」に改題された。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.09

オイレンシュピーゲル 2 FRAGILE!!/壊れもの注意!! 冲方 丁(うぶかたとう)著

MPBのやってられない日常の導入部から事態が進行する。行政・警察・銃業界が共同キャンペーンをはり、そこで涼月は銃を売り込み、使うなと無理のあるPRをする羽目に。「拳銃など小火器類の使用は、統計によると、あなたにとって死亡または服役の原因の一つとなります」「製品に刻印されているルガー マグナムといった表現は、人々の生命に及ぼす危険が国家および企業によって肯定されていることを意味するものではありません」。キャンペーンから引き上げる途中からデモ行進・人工衛星の墜落・ロシアグループとの共同作戦と単独任務が続く。もう一方の特甲児童MSSの3人とはまだそれほど絡まないが、事件解決にあたって大いにお互いを認識する。スプライトシュピーゲルの2巻は7/20発売で、同じ事件をMSS側から描かれるようだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.07

刀語 第6話 双刀・鎚(そうとう かなづち) 西尾維新著

蝦夷に向かった二人は、極寒の登山となる。山頂に住んでいるという凍空一族を求めて登るが、外気温は遙かに氷点下。途中、凍空(いてぞら)こなゆきに助けてもらう羽目に。後半に向けて、幕府で待ち受ける否定姫、真庭忍軍、鑢七実といった刀をねらう他の3勢力も明らかになってきた。七花の精神的な成長の描写も増えてきた。次巻の七実との対決はどんな風に描かれるのか、楽しみ。

刀語 第6話
西尾 維新著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.03

DivX for Mac 6.7はPowerBook G4で性能向上

2007年5月に公開された動画環境DivX for Mac 6.7をインストールしてみた。プレーヤであるDivX Player 2.0がメジャーバージョンアップした結果、かなり快適になった。性能が向上したと感じている主な点はこの通り。

1. 再生起動直後の負荷低減。それまで再生起動直後に音声がとぎれることがあったのが、ファイルの先頭からキレイに再生される。

2. 大画面や高画質再生でも冷却ファン回転数が低下。室温が高くなりつつある時期にもかかわらず、再生中の冷却ファン速度が低下。以前はフルスクリーン再生をすると、冷却ファンがほぼ最高速度で回り続けてしまい、実用的でなかった。

3. Dockとの親和性向上。いつもドックを表示するモードでfinderを利用しているので気づいた。再生中にウィンドウがフェードアウトする際に、Dockが連動して隠されるようになった。

環境 PowerBook G4 12インチ 1GHz Mac OS 10.4.9
DivXの無料ダウンロードページ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創竜伝 13 噴火列島 田中芳樹著

富士山の噴火を機に、日本政府の首相周辺、米軍、自衛隊、八仙、小早川奈津子がそれぞれの思惑で活動開始。それらの思惑がいつものように竜堂4兄弟に迷惑となって降りかかってくる。しかし本編では小早川奈津子をうまく扱って迷惑度を下げることに成功する1日間の物語。4年前にノベルズとして刊行されていたがCLAMPの表紙の方がスキなので文庫化を待っていた作品。太田忠司との対談では児童向けの書籍や職業としての作家などがテーマにあがった。

創竜伝 13
田中 芳樹〔著〕

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »