« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.15

PowerBook G4 12インチ 夏の冷却対策

夏場になってPowerBook G4のファンの回転数が高くなっている。そこで、各部の温度を監視や発熱対策を行うことにした。

1) 温度の監視 ThermoInDock
CPU GPU HDDの温度の履歴を数字とチャートで表示。


2) 省エネルギーの設定変更
システム環境設定の省エネルギーにて、プロセッサのパフォーマンスを「低」にする。

3) DivX Playerの積極利用
動画の再生の時に、CPU温度の履歴を見ていると、Quicktime player 7.2よりもDivX player 2.0の方が上昇しない。


これらの対策でwebブラウズ程度の低負荷時CPU温度は45℃程度に、動画再生といった高負荷時CPU温度は55℃程度になった。
これらの対策をしない場合は、高負荷時でCPU温度は68℃、瞬間的には70℃になることがある。

環境
PowerBook G4 12inch 1GHz 1.25GBメモリ 40GBハードディスク
Mac OS X Tiger 10.4.10
QuickTime 7.2.0
DivX For Mac 6.7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.13

女いっぴき猫ふたり 2巻 伊藤理佐著

Webマガジンに掲載されていた日記風マンガの完結編。一人住まい用一軒家にさらに300万円の本棚をつくったり、ねこ飼いの「なにもかも猫の毛だらけになる」思いを綴ってみたり。途中2LDKの賃貸マンションに引越してしまっている。ニャコもクロも15歳になってこれで4軒目だという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日かあさん 4 出戻り編 西原理恵子著

泥だらけのスボンを捨てるタイミング、河原のキャンプで流されないように注意を引くUFOアイテム、シャベルやポケモンの上手な使い方など、男の子を育てる楽しさにあふれる本書。途中カモちゃんこと鴨志田穣氏と一緒に住むことになって元の4人暮らしに。アルコール依存症とガンのため、4人暮らしは6ヶ月。カモちゃんはテレビゲームで釣ってテストで100点取れるように勉強を見てあげたりして著者ではなしえなかった学力向上が果たせた。かもちゃんが亡くなって3人暮らしになった時のエピソードには「神さま 私に子供をありがとう」と記されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.12

野望円舞曲7 荻野目悠樹著

エレオノーラによる父への反撃を描く本巻。為替、株、国債といった金融市場を舞台に頭脳戦が進行する。冒頭、思考体を抱える船団国家が描かれ、ジェラルド・ファルネーゼやケマル・エヴヂミクの他にも先端科学を有していることが伺える。決戦後の各国の動きが書かれると思われる次巻が、大変楽しみだ。

野望円舞曲7
荻野目悠樹著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリプルプレイ助悪郎(すけあくろう) 西尾 維新著

伏線、叙述トリック、密室、解答編、フェアとアンフェアなどミステリィの愛好家だけがピンとくる用語がでてくる物語。日本探偵倶楽部から派遣された海藤幼志を探偵役に髑髏畑一葉(どくろばたけいちよう)が巻き込まれた事件を解きほぐしていく。カジュアルな進行とテンポの良い読みやすさは、著者の特長であり、途中には読者への挑戦ページもある。清涼院流水の「JDC(日本探偵倶楽部)」や ダブルダウン勘繰郎との関連は薄いため、単独で楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.11

ZOKUDAM 森 博嗣著

黒古葉善蔵による組織で働くロミ品川とケン十河が、アミューズメントパークの地下に作られた秘密格納庫で格闘用ロボットを作る場面を現実的な視点で描いている。相手は木曽川大安が率いる揖斐純弥とと永良野乃。鳥人間コンテストやロボットコンテストのように、モノを作り上げる極めて地道な作業の、近道が無く時間をかけただけ完成度が高まるという雰囲気が書かれる。

ZOKUDAM
森 博嗣著

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

DDD 2巻 奈須きのこ著 2007年8月10日発売

いよいよ2巻が8月10日に発売される。講談社BOXに同封されていたリーフレットの案内文。

二〇〇四年八月、オリガ記念病院から退院したばかりの左腕のない男、石杖所在(いしづえありか)と漆黒の義手義足を纏う迦遼海江(かりょうかいえ)は、SVSと呼ばれる「死のゲーム」に巻き込まれる
一巻の文末のタイムテーブルによれば、8月には「はじめてのおつかい (S.VS.S)」とある。カイエとアリカが出会った月だ。
DDD  2
奈須 きのこ著

表紙や挿絵のイラストレーションをしている、こやまひろかずのWebには2巻の表紙や、石杖カナタのカラーイラストが掲載されている。1巻の登場人物のラフスケッチギャラリーはそのまま継続されている模様。

8月9日夕方に書店に平積みされていたのを買ってきた。箱の裏にはさらに説明文が続いていた。

“シンカー”と称されるA(アゴニスト)異常症感染者、俗称“悪魔憑き”。二年前に行方を眩ました、灼熱の殺人鬼。そして二人の天才野球選手——。彼らの失われた夏の跡をを消し去るように、所在と海江の一度目の“悪魔払い”が行われる——

1巻の場合と同様に2巻にも表紙のイラストレーションを使ったしおりが同封されている。

本巻でも視点や時間が変化している。著者Webの竹箒8/10日記に寄れば、わかりやすくなる一言が記されている。
2007/8/10 : ミニミニガイド(きのこ)■
飽きなかったのでやる。
1.DDD1の巻末の年表とか見ながら読むと、少しだけ分かりやすくなる。
2.S.VS.Sでは、「S.VS.S」とつけられた章はアリカ視点。これを知っているとちょっとだけ分かりやすくなる。
3.FHとFHはあわせて一本。表裏なので。
……む。書くまでもない事ばかりでした。
前巻で戸馬的の仕事を一緒にこなしていた、霧栖弥一郎(きりすやいちろう)や貫井未早(つらぬいみはや)とはアリカと同じ高校の後輩だと冒頭で分かる。 収録話の最後では、いよいよ別れてから2年後の石杖カナタが登場。次巻が待ち遠しくなる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀語 第8話 微刀・釵(びとう かんざし) 西尾維新著

幕府内の対立が徐々に明らかになっていく本巻。否定姫と対面することになった七花ととがめは、彼女からも江戸の不要湖に変体刀があることを知らされる。否定姫と左右田右衛門左右衛門(そうだえもんざえもん)の企みが進行しつつ、今回の対戦は日和号(びよりごう)。七花の普段の稽古の想定を超えた相手に挑むことになる。

刀語 第8話
西尾 維新著


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »