« PowerBook G4 12インチにMac OS X 10.5 Leopardをインストールする | トップページ | 時砂の王(ときすなのおう) 小川一水著 »

2007.10.30

PowerBook G4 1GHz 12インチのLeopard利用は快適

10.5で普段のWebブラウズやBlog更新などをやり始めた。インストール直後の一連の処理が終わった後は、CPUの負荷は落ち着き、温度は55℃程度を保っている。CoverFlow、Space、Expose、Stackといったグラフィック処理もスムースで、GPUを搭載している恩恵を受けられる。ファイルを閲覧するときのCoverFlowとQuickLookの動作は軽快だがCPUには負荷がかかっている。Safari 3 はキビキビとした動作であり、Javascriptの高速化が効果的のようだ。速さを感じる。mail 3 の速度は以前と変わらない印象。早くも遅くもなっていない。
Macお宝探偵団には、各ソフトウェアメーカやハードウェアメーカの互換性、対応、非対応情報のリンクがまとまっている。
今回のインストールは10.4アプリケーション環境を移行アシスタントで移したため、アプリケーションのインストール作業を行っていない。そのため、ATOK2005もそのまま使えている。

動作しなかったソフトウェア
写真加工ソフトのLiFE with PhotoCinema 2。起動するがボタン類がキチンと表示されない。
プレゼンテーションのKeynote1.1.1。起動するが新規作成や読み込みののビルドができない。

動作しており利用できるがちょっと影響が出ているソフトウェア
RSSリーダのVienna 2.2.0.2209。スクロールバー部分が一部欠け、幅が半分になってしまう。
Real Player 10.1 build 503 5つ程度の動画ファイルを次々に再生すると予期せず終了する。

ハードウェアを組み合わせていて問題なく動作している製品
Griffin PowerMate システム環境設定キチンと動作する。
elgato turbo.264 単独変換ソフトのTurbo.264もキチンと動作している。

ディスクユーティリティソフトウェア
Coriolis System iDefrag 2.0 使用禁止。NetJapanのサポート情報によれば、Time Machineのバックアップ先には絶対に適用しないよう記載されている。
PROSOFT engineering Drive Genius (ドライブジーニアス) 1.5.3 CDから起動すれば完全に動作すると、開発元に記載がある。2008年1月にDrive Genius IIをリリースする計画。

環境
 PowerBook G4 12インチ 1GHz 1.26GBメモリ 40GBHDD (10.4.10 Tiger)
 外付けHDD LaCie Mobile Hard Drive Designed by Porsche 160GB FireWire接続 (10.5 Leopard)

|

« PowerBook G4 12インチにMac OS X 10.5 Leopardをインストールする | トップページ | 時砂の王(ときすなのおう) 小川一水著 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/16922975

この記事へのトラックバック一覧です: PowerBook G4 1GHz 12インチのLeopard利用は快適:

« PowerBook G4 12インチにMac OS X 10.5 Leopardをインストールする | トップページ | 時砂の王(ときすなのおう) 小川一水著 »