« もえない 森博嗣 著 | トップページ | レビュー再考 林信行さん »

2008.02.07

傷物語 こよみヴァンプ 西尾維新著

高校二年生と三年生の間の春休みに阿良々木暦が吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを助けたエピソード。高校生になってから全く友達のいない退屈な春休みを前に、羽川翼と初めて会話したら、すぐにボケとつっこみが始まる。自身の投げやりな判断から瀕死のキスショットに命を差し出した阿良々木クンだが、いざ血を吸われてみれば、吸血鬼ハンターを倒さねばならない状況に。忍野メメと出会って無策のような策を授けてもらって3人のハンターに立ち向かっていく。
すでに単行本になっている化物語の前のエピソードだが、パンドラ誌上で時系列の前後を気にせずに読むことができる。
 羽川翼の執拗なまでの善人ぶりにより、戦場ヶ原とは違った経緯でブラウスやスカートの中を見せることで、血を吸われた阿良々木クンの心を支えるシーンが満載。「だめだよー。今日は見せたげない」といったセリフで阿良々木クンは萌えそうに。

 

パンドラ Vol.1 Side-A

傷物語
西尾維新著

|

« もえない 森博嗣 著 | トップページ | レビュー再考 林信行さん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/40026148

この記事へのトラックバック一覧です: 傷物語 こよみヴァンプ 西尾維新著:

» 化物語(バケモノガタリ) 下巻 西尾維新著 [読んだ後に]
上巻から普通に日付通りに続く下巻。「なでこスネーク」の撫子は、阿良々木暦の妹月火の同窓生。神原駿河と暦の二人で仕事のために神社に行く途中で千石撫子とすれ違うことから物語が始まる。駿河とのツッコミ会話が... [続きを読む]

受信: 2009.08.13 13:28

» 化物語(バケモノガタリ) 上巻 西尾維新著 [読んだ後に]
タイトルは怖そうだが、裏腹に進学高校を舞台としたコメディ。阿良々木暦(あららぎこよみ)が高2が終わる春休みまでただの落ちこぼれだったのが、まわりの同級生の女の子の問題を立て続けに解決してしまう。学級委... [続きを読む]

受信: 2009.08.13 13:32

« もえない 森博嗣 著 | トップページ | レビュー再考 林信行さん »