« 天体の回転について 小林泰三著 | トップページ | MacBook Pro EFI Firmware Update 1.5 はMA896J/Aには関係なし »

2008.03.23

Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミックのライセンスや互換性や更新プログラム

家族で利用しているiBookをPowerBook G4に切り替えるにあたり、マイクロソフトオフィスも新しくした。バージョン2008より、家庭用とアカデミック用が統合されて、3つのライセンスがついたお得なパッケージができたため、21800円で購入した。
このパッケージは商用利用ができない。使用許諾契約(ソフトウェアライセンス条項)の内容はwebで確認できる。

2.インストールおよび使用に関する権利
本ソフトウェアは、非営利事業活動であれ収益を創出する事業活動であれ、商業目的に使用することはできません

2008年1月に発売された後の3月の更新プログラムで大きな不具合が解消されたようで、Q&Aページで内容が分かる。
埋め込みオブジェクト、パスワード保護、Exchangeサーバとの連携などの機能ではWindows版との互換性の低さがApple Storeのページで指摘されている。
マイクロソフトのページよりもマイコミジャーナルに詳しい製品紹介ページがある。ファイル形式やメイリオや字形といったフォントの情報も詳しい。
PowerBook G4 12インチ 1GHzでの操作感はもたつきもなく普通に利用できる。各アプリケーションの起動には40秒程度かかるが、2回目以降は15秒以下になる。インストールするフォントの数を少なくすれば、早くなりそうだが試してはいない。

|

« 天体の回転について 小林泰三著 | トップページ | MacBook Pro EFI Firmware Update 1.5 はMA896J/Aには関係なし »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/40614399

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミックのライセンスや互換性や更新プログラム:

« 天体の回転について 小林泰三著 | トップページ | MacBook Pro EFI Firmware Update 1.5 はMA896J/Aには関係なし »