« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.27

スプライトシュピーゲル 4 テンペスト 冲方 丁著

MSSの鳳(アゲハ)、乙(ツバメ)、雛(ヒビナ)の本巻の任務はアフリカで発生した国際的な虐殺事件の証人警護。国の思惑や企業の思惑による人々の悲惨な戦争を見てきた証人達は、世界から紛争が無くすための人類の叡智を信じている。そんな証人達に3人は惹かれながら警護にあたる。証人達がボードゲームを通じて語る、各国の政治背景や農業政策、軍事政策に関するシーンは、環境汚染・資源戦争・食料戦争・水問題といった現世界が接している問題を描写している。
 証人が襲撃された事件を追ううち、MPBの涼月と鳳はひょんなことから直接対話となった。それぞれの事件を担当しつつ、情報の交換もするようになる。しかしそりが合わない。
 シリアスな題材が多い本巻だが、冒頭のエピソードは前巻の負傷が癒えた鳳と冬真のぎこちないデート。その日はMSS長官のヘルガや副官のニナ、戦術班の日向や御影も休暇。二人のデートをまわりのメンバーが干渉したり、支援したり。途中、特甲の身体の苦悩にふれられるが、ハッピーなエピソード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.22

MacBook Pro EFI Firmware Update 1.5.1でMA896J/Aにファームウェアアップデート

Firmware Update 1.5では適用外であったが、このバージョンではキチンと適用された。
手順通り実施したところ、ファームウェアは以下の表記になった。
ブート ROM のバージョン: MBP31.0070.B07
利用環境
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo 4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB MA896J/A

続きを読む "MacBook Pro EFI Firmware Update 1.5.1でMA896J/Aにファームウェアアップデート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.19

IntegoのVirus Barrier X4をX5に無料アップグレードの申し込み

MacBook Proにインストールしているインテゴ社のウィルスバリアX4について、X5への無償アップグレードの案内がact2よりメールで来た。早速申し込みをしたが、受付を完了するまでに3〜7営業日かかり、完了するとnetupdateに指示が表示されるという。

4/29になってNetupdateの画面に無料upgradeの表示が出た。X5をインストールすることで自動的に前バージョンのX4は無くなった。定義ファイルの更新期限はX4を利用し始めたときからのカウントダウンが引き継がれるため、損も得もしていない。
VirusBarrier X5 (10.5.2)をインストール後、一番安全側になるであろう、設定をしたところ動作速度が低下した。常にあらゆる箇所を監視するようにしたのだから当然かもしれない。アスキーのレビュー記事でもリアルタイムスキャナが動作しているときの速度について記されていた。

今バージョンでも初心者が迷わず使いこなせるインターフェースは健在だ。しかし、検証に用いたバージョン10.5.2では、リアルタイム・スキャナ動作時にファイルコピーなどの操作が極端に遅くなる現象が発生した。発売元によれば、この問題はアップデートで改善予定とのことなので、早急な対応に期待したい。Macをウイルスの脅威から守るには、リアルタイム・スキャナを利用したいが、マシンへの負担は大きい。これはウイルス対策ソフトの宿命的な問題とはいえ、現バージョンでは通常の作業に支障が出てしまうケースもあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

MacBook Proのキーボード操作中に画面の輝度が明るくなったり暗くなったり

タイプをしているときに画面の明るさが変化するので不思議に思っていたが、原因が分かった。自分自身のタイピングのクセが悪く、スピーカーグリル内にある環境光センサーをふさいでいたのだ。deleteキーやreturenキーを連打するときに右手の薬指を使っていた。その際に小指がグリルの上を通過し、環境光センサーの働きを阻害していたのだ。
システム環境設定のディスプレイにある輝度の自動調整を外せばいいのだが、タイプの悪い癖を矯正するためにそのままにすることにした。

利用環境
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo 4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB
MA896J/A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.12

別冊図書館戦争 1 有川 浩(ありかわひろ)著

当麻亡命事件の際に郁が篤に告白した時から婚約するまでの5つのエピソード。図書を巡る抗争や利用者とのトラブルをスパイスに、笠原郁も堂上篤も気持ちを深めていく。柴崎麻子も小牧幹久も不器用な二人がギクシャクすると素早くフォロー。キス、寮での密会、外泊、実家への訪問、同棲、婚約というそれぞれの初めてが、帯の通り「ベタ甘」で描かれていく。周りがおもしろがったり、からかったりしながらも、本のためや言論や表現の自由のための非日常的な生活を送るシーンも各所にでてきて本編のシリアスさもちょっぴりある。第1巻となっているので、他のカップルについてもかかれるのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.04.10

MacBook Pro EFI Firmware Update 1.5 はMA896J/Aには関係なし

MacBookPro用のEFIファームウェアアップデート1.5が公開された。しかし、Software updateにも現れないし、ダウンロードして実行してみても適用外であった。

利用環境
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo 4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB
MA896J/A
ブート ROM のバージョン:MBP31.0070.B05
機種 ID: MacBookPro3,1

続きを読む "MacBook Pro EFI Firmware Update 1.5 はMA896J/Aには関係なし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »