« 工学部・水柿助教授の解脱 森 博嗣著 | トップページ | MacBook ProでBoot CampとVMware Fusionを試用。XPのライセンス認証後は動画視聴のためのDRM処理も含め順調 »

2008.05.25

MacBook ProにWindows XPをインストール完了まで1〜2時間

Boot Campを利用してWindows XP SP2をインストールした。OSはXP home edition SP2で家電量販店で25000円。ミュージックのプロモーションビデオやポータルサイトの動画配信を楽しむために導入した。FAT32の領域は内蔵HDD内に10G確保した。Boot Campアシスタントからはじめて、XPのデスクトップがあらわれ、10.5 Leopardのインストールディスクを挿入しキチンと操作できるようになるまで1時間。その後、Boot Campを2.1にアップデートし、Windows XP SP3にアップデートするのを完了するのにもう1時間必要とした。

アンチウィルスをはじめとしたセキュリティソフトウェアは90日間の無料試用ができるWindows Live OneCareを選んだ。
4Gのメモリがあるため、XPの仮想メモリをOffにすることでキビキビした動作になった。

10GByteのFAT32の領域で、5.6ギガバイトが空きになっている。
 システムの復元に割り当てている領域が300MBあまり。電源の管理における休止状態を無効に。仮想メモリであるページングファイルを0にしている。

説明書にしか書いていない注意点は、Boot Campアシスタントでパーティションを設定した後、XPのイストールではクイックフォーマットか普通のフォーマットをしてから実施しなければならないこと。こうしないとディスクエラーが起こるという。またキーボードの選択で「半角」が無いので、その他を選んでから日本語キーボードを選ぶこと。
利用環境
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo 4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB MA896J/A

|

« 工学部・水柿助教授の解脱 森 博嗣著 | トップページ | MacBook ProでBoot CampとVMware Fusionを試用。XPのライセンス認証後は動画視聴のためのDRM処理も含め順調 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/41318255

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook ProにWindows XPをインストール完了まで1〜2時間:

» MacBook ProでBoot CampとVMware Fusionを試用。XPのライセンス認証後は動画視聴のためのDRM処理も含め順調 [読んだ後に]
 Boot Campを利用したWindows XP SP3の運用が安定したため、シームレスな利用ができるVMware Fusion for Macを試してみた。ポータルサイトのミュージックサービスやム [続きを読む]

受信: 2008.06.08 19:31

» Boot campを3.0に。10.6インストールディスクを入れるだけ。 [読んだ後に]
 Mac OS X 10.6 Snow Leopardに入っているBoot Camp 3.0を入れてみた。多くの場合は、VMware FusionをつかってBoot CampパーティションのWindo [続きを読む]

受信: 2009.09.27 11:55

« 工学部・水柿助教授の解脱 森 博嗣著 | トップページ | MacBook ProでBoot CampとVMware Fusionを試用。XPのライセンス認証後は動画視聴のためのDRM処理も含め順調 »