« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.21

よく使うアプリケーションのSnow Leopardとの互換性確認と実働開始

2009年8月29日にMac OS X 10.6 スノーレパードをインストールしてみた。インストールの所要時間はちょうど60分だった。よく使うソフトウェアの対応状況を確認することにした。アンチウィルスがすでに対応できているため、安心して10.6に移行できた。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard Compatibility List

Mac OS X v10.6:互換性のないソフトウェアについて

ATOK2007 動作保証対象外だが動作する。しかしながら、64ビットアプリケーションでは入力できない。safariやmailやテキストエディットも64bitで動作しているため、事実上アップグレードが必要。ATOK2009は対応済み

iWork '08 動作している。
Virus Barrier X5 10.5.9で対応済み
VMware FUSION 2 対応済み

Lirics Master 動作している。

SRS iWOW 3.1  スノーレパードインストール時に互換性のないソフトウェアフォルダーに除外されてしまうが、3.1を再インストールすることで復帰。
DISCO XT おそらく対応 demo版は機能しているように見受けられる。
Vienna 動作している。
fireFox 3.5 動作している。
Turbo.264  対応済み。もちろんQuick Time 7のインストールが必要。
DivX  For Mac 7 おそらく対応 
Tangerine! 動作している。「アルバムアートワークの再入手」を実施することで復帰。
Djay 動作している。
StuffIt Expander 対応 
Realplayer 動作している。
LogoVista 辞典ブラウザ 動作している。
omni outliner 2 (PPC) もともと10.5でも対応してなかった。Ver.3が対応予定 
iDefrag 3 起動やスキャンは動作した。Coriolis Systemsによれば、アップデータを準備中であり、くれぐれもQuick (オンライン)アルゴリズムを使わないようにと。起動DVDからの最適化は正常に実施された。

利用環境
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo  4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB MA896J/A Mac OS X Leopard 10.5.8 → Snow Leopard 10.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.14

ダヴィンチ 2009年9月号

 2009年9月9日の九並びの日に様々イベントが予定されている銀河鉄道999特集。松本零士の書き下ろしカラーイラストが付録。4ページに渡るインタビューには戦中の話やパイロットだった父の話がでてくる。東京に出るまでの体験と漫画家になってからの世界中の見聞がストーリーのリアリティを支えていると話す。
 舞姫(テレプシコーラ)第二部第19回、風邪をおして参加する六花のローザンヌ準決勝の演技。
 トーマの心臓小説化とデビュー40周年を記念として、萩尾望都(はぎおもと)のインタビュー。20代のころは若さの弾みで描けたという。森博嗣による作品については、オスカーの視点になり漫画では描かれていない場面について緻密に描かれることで、人物の背景などがしっかりしてきて男の人の小説としている。
 新刊情報のメインであった「今月の注目本130」コーナーは、8月号にて実際の著作物の内容と異なる内容を掲載してしまった事態をうけ、刷新するという。

ダヴィンチ 2009年9月号
メディアファクトリー
トーマの心臓
森 博嗣 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.12

SanDisk Extreme SDHC 8GB Class10とマルチカードExpressCardアダプタをMacBook Proで使う

 RAWや動画も収録可能なRicoh GX200を購入したので、メモリーカードも同時に購入した。Extreme_new_sdhc_8gb カタログに記載されている上限が16Gバイトだったが、リーズナブルな値段の8GBを選んだ。店頭では発売されたばかりのSDスピードクラス CLASS10の製品が並んでいた。パナソニック製とSanDisk製があり、変換カードとメーカをそろえて互換性問題をおきにくくするべくSanDisk製にした。SanDiskの20MB/秒を超える製品にはEnhanced Super-Parallel Processing EPS Technologyが採用されているという。
 MacBook Proへの転送インターフェースには、これまでまったく使ってこなかったExpressCardスロットを使うことにした。DELKINの製品ExpressCard Multi DDEX-34multiは店頭になかったため、比較せず、SanDisk製にした。カタログにはESP Technologyについては書かれていなかった。
 カードアダプタを使ってみるとMacBook Proにぴったりと収まり、装着しっぱなしでも問題なさそう。フラッシュメモリーを装着すると1cmほどメモリーカードの後ろが出ており、最新のMacBook ProのSDカードスロットと同様になる。Multicardexpressadapter
 USB2.0の一般的なフラッシュメモリー リーダ・ライターは20MB/秒が上限と言われており、参考までにベンチマークテストをすべくXbenchで転送速度を計測をしてみた。

SanDisk Extreme® SDHC™8GB SDSDX3-008G-J31A 7480円
SDスピードクラス:CLASS10
転送速度:読取り/書込み 30MB/秒 (200倍速)
マルチカードExpressCard™アダプタ SDAD-109-J65 2880円R0010072

Results    6.07   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.5.8 (9L30)
        Physical RAM        4096 MB
        Model        MacBookPro3,1
        Drive Type        SanDisk ExpCard Adpt
    Disk Test    6.07   
        Sequential    22.74   
            Uncached Write    24.20    14.86 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    25.57    14.47 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    14.48    4.24 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    37.89    19.04 MB/sec [256K blocks]
        Random    3.50   
            Uncached Write    0.94    0.10 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    14.97    4.79 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    576.28    4.08 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    102.50    19.02 MB/sec [256K blocks]

ExpCard Adpt:
  製品 ID:    0xb6d1
  製造元 ID:    0x0781  (SanDisk Corporation)
  バージョン:    94.12
  シリアル番号:    000000009412
  速度:    最高 480 Mb/秒
  製造元:    SanDisk
  場所 ID:    0xfa300000
  利用可能な電流(mA):    500
  必要な電流(mA):    500

利用環境
iPhoto 8.0.4(2009) Mac OS X Leopard 10.5.8
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo  4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB MA896J/A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ricoh GX200 (VF KIT)をMacBook Proで使う

6年ほど愛用したG4 Wideから買い換え。広角レンズ搭載のコンパクトなのにしっかりファインダーを覗いて撮影できるところがお気に入りのポイント。本体のファームウェアをすぐにV1.25に更新。ほぼ同時期に購入したGPSユニットキット Sony GPS-CS3KはSDHCカードに対応し、JPEGファイルへの書き込みはロガー本体だけで完結するのでMac向き。ASCIIにはiPhotoユーザ必携という記事もある。いっしょに購入したリコー製オプションは自動開閉式レンズキャップ(LC-1)、ネックストラップ(ST-2)、ソフトケース(SC-45)

利用環境
iPhoto 8.0.4(2009) Mac OS X Leopard 10.5.8
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo  4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB MA896J/A
Pop_bvf Img_g4_op02

続きを読む "Ricoh GX200 (VF KIT)をMacBook Proで使う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.09

摂氏 2 度の気温上昇 希望と絶望の分かれ道 世界の青年たち、ピース・チャイルド・インターナショナル

 400ページを超える「人間開発報告書  2007/2008  気候変動との戦い」を多くの国の青年たちが青年向けにまとめた冊子。36ページのPDFファイルとして国連開発計画のサイトに公開されている。人間開発報告書にはGDPにかわる人間の豊かさを示す指標として、人間開発指数(HDI)を毎年公開している。HDIは、識字率、平均余命、GDPなどを複合的に使って算出されており、健康で、豊かで、選択の自由が与えられる社会を目指すときの一つの尺度として機能するようになっている。多くの国々の状況把握やランキングが分かる。
 二酸化炭素が増えるメカニズムや二酸化炭素などを減らすメカニズムは、科学的な説明が難しいことを国連事務総長自身が認めている。しかしながら二酸化炭素やメタンによる温室効果は、はっきりしている。
 10代の学生であれば、自身の進学先や就職先を決める際に役立つと思う。企業に勤めている人で、特に企画やマーケティングと名がつく部署にいる人は、商品企画や長期経営計画や新規事業企画をたてるときに、世界中に国々が行動することを約束したことを知った方がいい。生活者・消費者の視点では、多くの情報を仕入れ自身に価値観に合わせた行動を取るのがよいと思う。本書では投票や購買行動、まわりへの働きかけについて示されている。
 チームマイナス6%や太陽光発電、エコな生活、リサイクルなど、企業や行政や科学者が発する情報に対してうさんくさく感じたりウソを感じたりしたときには、あたるべき情報源も記されている。本書では何もしないことがもっとも損害が大きいと述べている。

今回、この青年たちのための国連開発計画(UNDP)『人間開発 報告書 2007/2008』が発行されることを嬉しく思います。気候変動の科学的説明は非常に複雑ですが、事実は実に簡単です。私たちの世界は悲惨な気候変動へと向かっているのです。2007 年、 私自身も南極でこの事実を目の当たりにしました。予想以上に速 いスピードで古代からの氷が溶けており、87 キロメートルにおよぶラーセン氷棚が崩壊し、たった 3 週間で消えてしまったことを 知りました。もし南極大陸の西側を形作る氷棚がすべてこのように 崩壊すれば、海面は 6 メートルも上昇してしまいます。私たちが自分たちの暮らしを大きく変えない限り、皆さんが私の年齢に達する頃に は、この世界は住むにふさわしい環境ではなくなってしまいます。 気候変動を食い止めるための大きな変化をもたらすには、今この冊子を 読んでいるあなた方のような青年たちの手助けが二つの面で必要です。まず一つ目は、住んでいる地域、地方、国の政府の判断に、積極的、全面的に関わっていくこと。すなわち、政府に陳情や働きかけをし、そして気候変動を食い止めるための法案の通過を公約している候補者に投票すること。そして二つ目は、炭素 排出量の低いライフスタイルと仕事の選択を優先することが必要です。潘基文(パン・ギムン) 国連事務総長

なぜ気温は上昇しているの?
なぜ2℃なの? 過去40万年間の二酸化炭素(CO2)濃度と気温の変化
気候変動って何?
農業と食糧への影響 水不足 健康上のリスク増大 嗣是への影響 洪水と異常気象
貧しい人々 —最も罪のない人々が最も大きな被害を受ける 災害のリスクは開発途上国に偏っている
きょうをしのぐために明日の幸せを奪うことはできない
母なる地球の嘆き
緩和:問題をこれ以上大きくしないために 炭素税って何? クリーン開発メカニズ(CDM)って 何? キャップ・アンド・トレードって何?
一つになって立ち向かおう
気候変動は、現在の人類が直面している最も深刻な問題と考えられています。 世界の若き市民として、私たちは、「国連が充分な対策を推進しているか」という 問いを投げかける責任があります。
気候変動による移住は、小さな島国ではすでに現実となっている
気候変動に対して行動を起こす =脱炭素の時代の到来!
あなたができる簡単なこと 買物にいくときは 学校や大学では 家では 自分の家をエコにしよう
ちょっと難しいけどやってみよう 自分の排出量を量ろう 個人の炭素割当て量を考えてみよう

人間開発 報告書 2007/2008
国連開発計画編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.08

オーストラリアで大の字 さおり&トニーの冒険紀行 小栗 左多里(おぐりさおり)、トニー・ラズロ著

ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、メルボルンの各都市で旅行を楽しんでいるレポート。ダイビングや動物たちとのふれあいはもちろん、ヨットや崖下り、ビール作りやアメ作りなど盛りだくさん。小さい子供を連れていても気軽にできる体験を中心に選んでいるという。高いところや海中といった怖い体験、手作り体験では二人の違いが如実に表れて面白い。

オーストラリアで大の字
小栗 左多里(おぐりさおり)、トニー・ラズロ著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佰物語 西尾維新著 オリジナルドラマCD シナリオブック

高校内の生活をモチーフに受験勉強をはじめている夏以降を舞台に、阿良々木くんと登場人物達が掛け合いをする。優秀だった中学時代、友達がまるで居ないときにも触れられる。全体的に阿良々木くんの羽川さんへの変態性がでてしまっているが、ガハラさんとはツンツンしている感じ。

佰物語
西尾維新 著

オープニング 入学式試験・合格発表 入学式 制服 クラス分け 週休2日 テスト 文系・理系 国語 数学 社会 英語 理科 体育 保健体育 音楽 書道 美術 家庭科 教師 登下校 クラブ活動 放課後 私服 友達 携帯電話 メール アルバイト テレビ ラジオ 体操服 プール 喧嘩 体育祭 ニックネーム 更衣室 身体測定 出欠 学級閉鎖 保健室 図書館 夏休み 冬休み 春休み・ゴールデンウィーク 避難訓練 通知表 マラソン大会 文房具 髪型 委員長 不良 階段・怪談 青春 屋上 授業 席替え 教科書 ゲームセンター バレンタインデー 移動教室 黒板 将来の夢 ラブレター 修学旅行 宿題 お弁当 受験勉強 推薦入試 合唱会 肝試し 休み時間 出席番号 文化祭 林間学校 転校生 学問 読書 衣替え 体育館 気象警報 掃除当番 五月病 球技大会 恋愛 職員室 朝礼 学級会 ボランティア 持ち物検査 テスト勉強 廊下 旅行 告白 掲示板 買い食い ストーブ 体育倉庫 卒業式 エンディング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »