« 仮想メモリをoffにしてswapなしでMacBook ProのSnow Leopardを使ってみたら快適になった | トップページ | 花物語(はなものがたり)するがデビル 西尾維新著 »

2011.06.12

職人技や絵心なしにマンガかけるソフト、コミPo!をMacで導入してみた

無料体験版で、BootCamp環境やVMware Fusion 3環境でテストしてみた。まったく問題ない。購入はオンライン版のVecterをつかった。

Maccomic_001

背景はもちろん、モデルのポーズや小道具の初期値が良くできているだけでなく、カメラのアングルも良くできている。操作は、座標や倍率を考えることなく見栄えに集中できる。

 なにもかもが3Dでプレビューしながら描かれるため、グラフィックスの能力が高いと作業がはかどる。Boot Camp環境ではとても快適だった。1コマ目は、人物、イス、机、パソコンの4つのモデルを組み合わせた。4つとも独立しているが、それなりに視点も合い、破綻はない。

 一方、VMware Fusionでは、3Dモデルの操作が遅れる。これはしょうがないところ。

吹き出しや漫符や効果線といったコミックス独特の表現は、読んでいるときには余り気にしていなかったが、いざ配置するとなると練習が必要だと感じた。

とっても面白いアプリケーションソフトだ。
このページの4コマの作成に30分程度。ホントにとても簡単だ。

利用環境
コミPo! 1.55
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo  4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB MA896J/A
Mac OS X Snow Leopard 10.6.7
VMware Fusion 3.1.3 BootCamp 3.2
Windows XP SP3

|

« 仮想メモリをoffにしてswapなしでMacBook ProのSnow Leopardを使ってみたら快適になった | トップページ | 花物語(はなものがたり)するがデビル 西尾維新著 »

Mac」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/51924626

この記事へのトラックバック一覧です: 職人技や絵心なしにマンガかけるソフト、コミPo!をMacで導入してみた:

« 仮想メモリをoffにしてswapなしでMacBook ProのSnow Leopardを使ってみたら快適になった | トップページ | 花物語(はなものがたり)するがデビル 西尾維新著 »