« MIXTRAX 1.2.1 Mac版で不具合解消。正常に機能している。 | トップページ | MacBook Proの冷却ファン交換修理 »

2012.09.04

Mac OS X 10.8.1 Mountain Lionのカーネルパニック、Onyxの利用とDashboardの調整で解消。

 Mac OS X 10.8 Mountain Lionにアップグレードしてから、スリープからの復帰後、1分以内にカーネルパニックが起きるようになってしまっていた。解消にいたった経緯を記す。

 10.8から10.8.1にアップデートしてからも頻発した。エラーログでは原因が追及できなかったため、挙動をよく観察した。
 その結果、Time Capsuleがマウントされ、バックアップを始めようとしているときにカーネルパニックが起きているようだった。また同じタイミングではDashboardがアクティヴになっており、Widgetが動作していた。それらの複合要因が原因と考え、解消策を探った。

(0) ディスクユーティリティにてディスクの検証とアクセス権の検証を実施後、タイムカプセルでバックアップ。タイムマシン機能で復旧できるようにした。

(1) Dashboard Widget。一旦、Apple製のWidget以外を削除。Libraryからも削除した。iStat Proは10.8で利用すると正しくプロセスが表示できない。

(2) 10.8用のOnyxを利用。Spotlight インデックスの再構築を行った。Time Capsuleのバックアップの際に、索引のインデックスを作っていると考えた。

(3) 同じくOnyxにて、カーネルキャッシュやアプリケーションキャッシュなどを削除

(4) スワップファイルなどが収録されている場所を削除
   /private/temp/の中
   /private/var/tmp/の中
   /private/var/vm/の中

これらを実施した結果、カーネルパニックはまったく無くなり、解消。快適な運用ができている。
----------
MacBook Pro 15インチ 2.4GHz Core 2 Duo  4GBメモリ GeForce 8600M GT 256MB MA896J/A
Mac OS X LION 10.8.1 64ビット Time Capsule 1TB MC343J/A

|

« MIXTRAX 1.2.1 Mac版で不具合解消。正常に機能している。 | トップページ | MacBook Proの冷却ファン交換修理 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9646/55577728

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X 10.8.1 Mountain Lionのカーネルパニック、Onyxの利用とDashboardの調整で解消。:

« MIXTRAX 1.2.1 Mac版で不具合解消。正常に機能している。 | トップページ | MacBook Proの冷却ファン交換修理 »